子供の習い事ランキング!お勧めの習い事をカテゴリ別で30種類

子供の成長に良いと言われる習い事は、たくさんあります。でも、時間もお金も限りあるものなので、良いと言われるもの全てをすることなどできません。

子供がやりたいというものをさせるのも1つの手ですが、最終的にはやはり親がこれは欠かすことができないと思うものを選択することになります。

貴方はお子さんをどのようなお子さんに育てたいですか。学習系、スポーツ系、武道系、音楽系の4つのジャンル別のランキングを紹介します。

習い事を選ばれる際の参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク




やはり基本はお勉強!学習系習い事ランキング

第1位:英語・英会話

受験で成功するためにも、就職活動を有利に働かせるためにも、社会の第一線で活躍するためにも、英語を避けて通ることはできません。

皆さん、よく分かっていらっしゃるので、学習系では英語・英会話が不動の第1位です。

英語には日本語にない発音があります。小さなうちから英会話スクールなどに通うと、耳を育てることができ、ネイティブのような発音ができるようになります。

また、お教室での英語学習は、一般的に、いわゆる受験のための英語学習とは違うので、英語が好きだという気持ちを育てることができます。

この気持ちこそ、英語学習を成功させる基本であり、国際人への第一歩です。

[box class=”pink_box” title=”ネイティブ講師による本格レッスン”]シェーン英会話の無料体験レッスンを検討する[/box]

[btn class=”rich_orange big”]英会話の記事一覧[/btn]

[kanren postid=”341″]

第2位:書道・習字

字は人を表すと言います。やはり奇麗な字を書く人は自然と評価も高くなるものです。

しかし、一度ついてしまった癖を治すのは至難の業なので、平仮名、片仮名の導入が終わったくらいの年齢から書道・習字を習わせる方が多いようです。

小学生に入ると授業参観があります。ご父兄は貴方のお子さんの字を見ています。あまりにひどい字だと、そういうご家庭なのだなとみられてしまうことも無きにしも非ずです。

お教室では、鉛筆の持ち殻から始まり、机に向かう姿勢まで教えていただけますし、集中力も身につくと言われています。

[btn class=”rich_orange big”]習字の記事一覧[/btn]

第3位:学習塾

いわゆる幼稚園や小学校のお受験をお考えでない方でも、公文や学研教室に代表される学習習慣を身につけるための学習塾には、多くの方がご興味をお持ちのようです。

しばしばその手のお教室で行われる繰り返し学習について、これくらいなら自宅でもできるとお考えになる方もいますが、長年かけて構築してきたステップアップのスキルをお教室は持っています。

基礎力を確実に習得させたいとお考えの方にお勧めの習い事です。

[btn class=”rich_orange big”]学習塾・勉強の記事一覧[/btn]

第4位:そろばん教室

そろばん教室は日本だけのものとお考えの方も多いかと思いますが、意外や意外、海外でも人気があります。

初めのうちはとてとてでも、続けていくうちに頭の中でそろばんを使った計算ができるようになると言われており、桁の多い難しい計算でも暗算でできるようになります。

将来の進路は文系よりも理系にとお考えなら、計算力を鍛えられるそろばん教室に通わせてみるのも良いと思います。

[btn class=”rich_orange big”]そろばんの記事一覧[/btn]

第5位:幼児教室

幼児教室は特定の能力を伸ばすというよりも、総合的に能力開発をするお教室です。

一見、図形を使ったお遊びをしているように見えても、実は記憶力を鍛えていたり、多角的な視点を育てていたりします。

また、自分の意見や発見したことをお教室の先生やお友達に伝えることも求められるので、発言力や社会性も鍛えられます。

幼児教室大手10社のコース・料金・体験の有無など徹底比較!

[btn class=”rich_orange big”]幼児教室の記事一覧[/btn]

第6位:パソコン教室

人気のプログラミングのお教室などは、習わせたくても満席で、キャンセル待ちもしても仕方がないほどの人数になっています。

パソコンの知識や技術だけでなく、自分のアイデアを目に見える形で生み出す喜びを学ぶことができます。また、この手のお教室では、インターネットの恐ろしさも同時に教えてくれます。

お教室で習ったことの方が、子供の心にストンと落ちることも多々あります。

[btn class=”rich_orange big”]IT・パソコンの記事一覧[/btn]

第7位:絵画(お絵描き)

絵は人に多くのことを知らせています。

子供の心の変化を描くものや、使う色からも知ることができます。言葉や態度で自分の気持ちを表現することが苦手なお子さんであれば、救いとなるだけでなく、自分を表現する手段にもなります。

また、色彩感覚を養い、対象をじっくり観察する力も身につけることができます。

第8位:料理教室

受講者がキッズだけのものもあれば、親子でというものもあります。家でもできることと思われるかもしれませんが、お教室での方がお料理に集中でき心の余裕が違います。

食べ物を粗末にしないこと、作るところから片づけまでがお料理であること、食べ物は目でも味わうことなどを勉強できます。

第9位:将棋教室

将棋は相手の手を読み、最善の一手を選択していくゲームです。計画性を持つことの大切さ、冷静さを失わないことの重要性を身につけることができます。

ゲームにはまって他のことが手につかないお子さんがいますが、同じゲームでも将棋であれば許せるというものです。お子さんを棋士にしたいという方は早めにお教室に通わせましょう。

第10位:つみき教室

積み木を使った問題をお友達を競争しながら解く能力開発型のお教室です。複数あるコースの一つがこれということが多いです。

問題を解く喜びと、向上心を身につけることができます。お友達と競争することに対してあまり良いイメージを持っていない方もいるかもしれませんが、お友達が頑張っている様子を見て、自分も頑張ろうと思うこともあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク




強く健康的な体を作ろう!スポーツ系習い事ランキング

第1位:スイミング

幼稚園でも小学校でも、日本では水泳の授業から逃げられません。小学校に上がれば、泳げないお子さんは夏休み中、特別の授業がある学校すらあります。

多くのご家庭が習わせているので、お子さんが泳げないというのはやはり恥ずかしいものです。ちなみにスイミングは全身運動です。どんなに運動が苦手でも、一度泳げるようになれば、年を取っても泳げます。

目先の学校でのことだけでなく、長い目で見て子供のうちに習得しておいた方が良いスポーツだと言えるでしょう。

[btn class=”rich_orange big”]スイミングの記事一覧[/btn]

第2位:体操

体操というとマットや跳び箱などの体育館での体育の授業をイメージされるかもしれませんが、実際は鉄棒があったり、トランポリン、縄跳び、フラフープなど、様々な手具を使っての運動が行われる教室です。

体の柔軟性や技術を身につけること以上に、目標を持ち達成する喜びを学びます。頑張ればできるようになるということを、頭ではなく体で学ぶことができます。

第3位:サッカー

最近は男子チームだけでなく、女子チームの活動も盛んです。混合というところもあります。

お子さんからのお願いで始める方も多いですが、自分だけ良ければ良いでは勝てないことを知り、チームプレイや仲間の大切さを知ることができます。エネルギーが有り余って若干手に余っているお子さんなどは、少し厳しめのお教室に通わせると、生活のリズムも整うかもしれません。

第4位:ダンス

学校教育でもダンスの授業がありますが、やはりリズム感は大切です。リズム感は身体的なものだけを指すわけではありません。

人と接するにあたってもリズムは大切で、タイミングがずれると嫌な空気だけが残ることもあります。また、ダンスは恥ずかしがっていては、体がのびやかに動きません。

一見、ダンスには向かないような心の解放の仕方が上手くないお子さんこそ、習われると良いかと思います。

第5位:リトルリーグ(野球)

一昔前はお子さんのスポーツ系の習い事と言えば、スイミングと野球でしたが、サッカー人気に押されている感もあります。そんな今だからこそ、野球を選択するというのも一つの考えようです。

なぜなら、万年、ベンチというのはつらいものです。お子さんの性格によっては、劣等感だけが育つこともあります。その点、今であれば、野球の方がチャンスが多いことでしょう。

また、規律に厳しい世界なので、礼儀正しい子供に育つことに期待できます。

第6位:バレエ

バレエをしているか、していないかは、姿勢や歩き方を見ればすぐにわかります。指先、足先まで神経を配るので、手足の動きも綺麗になります。

使う筋肉の場所が影響しているのか、心なしか形も良くなるような気がします。これすなわち、一生モノの財産です。本格的なお教室に行くと発表会の大変さなどを耳にしますが、習い事におけるバレエは楽しむことからスタートです。

お子さんが望むのなら、今しか見えない可愛らしさを見ることを親自身も楽しみましょう。

[btn class=”rich_orange big”]バレエの記事一覧[/btn]

第7位:ヨガ

子供の習い事にヨガと思われる方もいるかもしれませんが、お母様が興味を持たれているとお子さんも興味を持つというものです。

ヨガは運動量が少ないようなイメージかと思いますが、負荷はかなりあります。心を静める効果も高いです。最近、ぶつかり合っているなどという心当たりがある方、親子で初めて見てはいかがでしょうか。

第8位:卓球

卓球の球はとても速く、瞬時の判断力が求められるため、脳が活性化すると言われています。

一球一球にかなりの力を込めるので、ストレス発散にもなります。子供社会もいろいろ大変なので、こまめにストレス発散させてあげましょう。

第9位:ゴルフ

子供のころからゴルフを習わせると言うと、プロを目指しているのかと思われるかもしれません。

しかし、最近はそういうことはありません。お子さんができるようになれば、ご家族で楽しめます。ご家族共通の趣味を持つという理由で習い事を始めるのも良いかもしれません。

第10位:陸上

子供にとって運動ができるかできないかは、大きな問題です。だから、運動が苦手だなと言うお子さんは、苦手なままにせず、何らかの対策をとるべきです。

陸上教室に行って、その問題を解決するのも一つの手です。お教室では走るだけでなく、跳ねる、飛ぶと言ったことも上手に指導してくれます。

スポンサーリンク




心身ともに強い子にしたい!武道系習い事ランキング

第1位:空手

空手は空手道というのが、本当の言い方です。「道」と言う言葉がある習い事は、武道系習い事に限らず、技術だけでなく精神性を高めることを目的にしていることが多いです。

だから、子供の習い事とはいえ、精神性を高めることを求められます。とにかく型の練習を多くするので、空手を習い始めれば、お子さん方はきっと根気強さを身に着けることでしょう。

第2位:剣道

凛とした姿が印象的な剣道、心も体も成長させてくれます。集中力も育ちます。礼節を重んじるので、礼儀正しくなります。

防具の臭いや重さのことなどを気にされる方もいますが、最近は防臭技術も発達していますし、小さなうちは防具なしですることが多いので大丈夫です。

第3位:少林寺

蹴りと突き、関節技と投げ技という具合に、技の数が多いため、お子さんが楽しめる武道です。そして、いわゆる対人試合がないので、親にとっては安心して学ばせることができる武道です。

腰を据えて一つの武道を習わせたいという方にお勧めです。

第4位:柔道

柔道は礼に始まり、礼に終わる武道です。礼儀正しくなります。

練習中に怪我をしてしまうことがないとは言えないのですが、受け身の練習をたくさんするので、日常生活において、怪我をしなくなります。また、体の柔軟性やバランス感覚を鍛えることもできます。

第5位:ボクシング

ボクシングと言うと殴り合いのスポーツと思われる方もいるかもしれませんが、子供向けのお教室のそれはストレスを発散させかつ、殴られる痛さを知り、本当に強い人とは、人に優しく自分に厳しい人間であることを教えてくれます。

また、自信がなく気の優しいお子さんも、体を鍛えることで、自信がつくこともあります。

スポンサーリンク




音楽ができる子って素敵!音楽系の習い事ランキング

第1位:ピアノ

ピアノは右脳と左脳の両方を育てるために良いと言われています。有名大学に進学するお子さんの多くが、小さな頃、ピアノを習っているとかいう話もちらほら聞こえてきます。

ピアノが知能の発達に有効だと考えられる理由は、五感をすべて使うからです。指先だけでピアノは弾けません。また、最終的には暗譜をするので、記憶力をも鍛えます。

音楽系の習い事では、他の楽器を習うにしても、まずはピアノというのが常識的にあるというのも事実です。

[btn class=”rich_orange big”]ピアノの記事一覧[/btn]

第2位:リトミックス

幼児教育における音楽系の習い事と言えば、リトミックスです。体で音を感じ、耳を育て、音楽の楽しさを知ることができます。

絶対音感があるお子さんであれば、それを育てる助けになるでしょう。始めるのは早ければ早いほど良いと言われています。

ちなみに、絶対音感に近いものを持っていうお子さんは、意外にいます。ただし、何もしなければ、失われてしまいます。

第3位:エレクトーン

エレクトーンは一人で演奏する1つの楽器で、合奏ができてしまう楽器です。ピアノのお教室の数に比べると、お教室の数は少ないかもしれませんが、このような楽器はあまりありません。

今の世の中、人と同じでは面白くありません。エレクトーンが弾けるというだけで個性になりえます。

[btn class=”rich_orange big”]エレクトーンの記事一覧[/btn]

第4位:バイオリン

ピアノを少し習った後、バイオリンを習い始めるという方、多いと思います。バイオリンに限らず習い事は、習い始めたら基本的に毎日練習することが大切です。

習い始めの頃はピアノほど、安定した音が出ないことが多いので、少し気を遣うところですが、継続は力なりを実感することができる習い事です。

第5位:フルート

フルートは肺活量を必要とする楽器であるため、小学生くらいにならないと習い始めるのが難しい楽器とされています。

しかしながら、フルートは楽器の女王です。また、指をしっかり使うため、脳を活性化することでも知られています。優美で頭の良い子に育てたいとお考えの方にお勧めの習い事です。

お子さんに習わせてみたいと思う習い事、見つけられましたか。どの習い事を習うにしても、継続は力なりです。

お子さんの様子を見ながらではありますが、壁にぶつかっても、すぐに辞めさせたりすることはないようにしましょう。

お子さんに合った素敵な習い事に出会えますように。

スポンサーリンク