子供をリトミックスに通わせるメリットは5つある

リトミックスのメリット リトミックス

リトミックスとは、スイスの音楽教育家のエミール・ジャック・ダルクローズ氏によって考案された教育方法です。

彼が教える音楽学生たちの音楽的センスを、どうやったら高めていけるかを考えた結果、「音楽を身体で楽しむ」という教育法にたどりつきました。

それまでは、楽譜を読み、楽器を弾く、といった教育方を行っていましたが、身体を使って音楽を楽しむ教育方法にしたところ、学生たちの音楽的センスがどんどん培われたと言います。

スポンサーリンク

リトミックスで行う動作

実施、リトミックスはどのような動作をするのかというと

  • 音楽に合わせて手遊びをする
  • 音楽に合わせて自由に身体を動かす
  • 音楽に合わせて決められたテーマで身体を動かす
  • 楽器を自由に鳴らしてみる

などが挙げられます。

小さい子供は手遊びが大好きなので、音楽に合わせて手遊びを行う動作は、とても楽しむことができそうですね。

テーマに合わせて身体を動かす動作とは、例えば「犬になりきって身体を動かそう」とか、「花になったつもりで身体を動かそう」などです。

子供はなりきりが大好きなので、興味深く、楽しく行うことができるでしょう。

また、楽器を自由に鳴らすという動作は、小さい子供には難しいと思います。

その場合には、新聞紙を丸めて音を出してみたり、新聞紙を破って音を出してみたり、スーパーのレジ袋をふって音をだしてみたり、といった行動で構いません。

とにかく、リトミックは音楽を体全体で感じ、それを自分なりに表現することが基本となります。

子供にとって、自分の思うように身体を動かす行為は、とても楽しく気持ちが良いと思えます。

では、リトミックスを行うことで、子供にはどのようなメリットがあるのでしょうか。リトミックスを習わせるのに、一番重要なポイントですよね。

気になるメリットについて調べてみましょう。

子供をリトミックスに通わせるメリット

音感が育まれる

小さいころから音楽に親しむことで、音感が育まれる効果が期待できます。よく、胎教にクラシックを聴かせると音感のある子供に育つと聞きますよね。

その理由は、耳の機能は母親のお腹の中にいるころから発達しているからです。

ですから、小さいうちからリトミックスで音楽を聴いていれば、自然と音感が育って行くのです。

また、絶対音感を手に入れるのであれば、幼少期から満7歳までに音楽に関する教育を行う必要があると言われています。7歳を過ぎてしまうと、絶対音感を身に付けることは非常に困難となり、9歳を過ぎてしまうと不可能だそうです。

絶対音感まではいかなくても、小さいうちからリトミックスで音楽に触れていれば、必ず音感は育まれます。

情緒が安定する

音楽を聴くと言う行為は、心を癒す効果があると言われています。

実際に、悲しいときや、元気がないときに、好きな音楽を聴くと、心が落ち着いたり、元気になったりしますよね。

つまり、リトミックスを通じて音楽を聴くことによって、自律神経が発達し、情緒が安定した子供になることが期待できます。

表現力や自立心が育つ

リトミックスでは、自分の思うままに身体を動かしたり、テーマに沿って身体を動かします。

つまり、どのように表現したらいいかを考えなければいけませんので、表現力が育まれます。

また、言葉や数、身の回りのことや自然、自分が感じる感覚などをテーマとした課題も出されますので、子供の自立心や好奇心なども育ちます。

そしてリトミックスは他の子供と行いますので、他者の表現を見ることで、自分とは違った表現力を学習することもできます。他者の表現を受け入れる心も自然と身に付いてきます。

子供が大きくなる頃には、大学受験に表現力が問われる時代となってきます。従来の頭に詰め込むだけの勉強法では、大学受験を乗り切ることは困難になります。

小さい頃から音楽に親しみ、他者との関わり合いの中で他者を受け入れる心を育んでおけば、将来必ずや役に立つのではないでしょうか。

運動能力が育まれる

リトミックスでは、音楽に合わせてさまざまな動きを行います。時には跳んだりはねたり、走り回ったりもします。

このことによって、基礎体力が育まれますし、運動能力も鍛えられます。

また、音楽に合わせて身体を動かすことで、リズム感も養われます。このリズム感は、すべてのスポーツに必要な感覚です。

例えば水泳では、リズムよく手足を動かす必要がありますよね。リズム感があれば、あらゆるスポーツに柔軟に対応できるのです。

勉強に活かせる

リトミックスを行うには、音楽を耳で聴き、瞬時に表現を行うことが大切です。

これは、音楽に集中しなければできない動作ですので、自然と集中力が養われてきます。

この集中力は、勉強を行う上で最も重要なスキルです。つまり、リトミックスで集中力を身に付ければ、後々勉強にも大いに役立つという訳です。

リトミックスを始める時期

リトミックスは、0歳から受け入れているスクールもあります。

首が座ったら、リトミックスを始めても大丈夫です。

生まれたての子供の吸収力はすざましいので、早い段階からリトミックスを始めるのは効果的なのではないでしょうか。

リトミックスの月謝

いくらリトミックスが子供の成長にとって良くても、月謝が高ければ続けることが困難になりますよね。

リトミックスで有名なカワイ音楽教育では月2回のレッスンで4000円、ヤマハ音楽教室では月3回のレッスンで5400円(東京都23区の教室の場合ですので、地域によって異なります)となっています。

この他にも、入会金や教材費、施設利用費や冷暖房費などが追加されますので、月謝としては7000円前後かかるようです。

ピアノやスイミングと比べても、あまり大差がありません。

月謝については、それほど負担にならない金額なのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

8歳までに考える力を学ぶ

キッズアカデミーでは、脳が完成されていない8歳までの子供を対象に、いろいろなグッズを用いて視覚・触覚・想像力・発想力を養います。

実際に利用する教材を無料で体験することもできるので、まずは使って効果を実感して下さい!

リトミックス
キッズならいごと