子ども用バレエシューズの選び方やおすすめ商品を紹介

バレエ

バレエで使うシューズには、トゥーシューズとバレエシューズの2種類があります。

つま先立ちができるシューズが、トゥーシューズ。これは、練習を重ね、指導者からの許可が下りないと履くことができません。その前に履くのが、今回紹介するバレエシューズです。

バレエシューズには、スキル応じてソール部分を選びます。今回は、初心者や小さいお子さま向けと、練習を積んだお子さま向けのソールを織り交ぜながら紹介します。

たくさん練習をつんで、いつかトゥーシューズを履ける日を目指してくださいね。

スポンサーリンク

バレエシューズの選び方

バレエシューズは、どのような点を注意して選べば良いでしょうか。

素材選び

バレエシューズの素材で多いのは、布タイプ・全革タイプ・前革タイプ・サテンタイプです。

一番多いのは、布タイプです。足になじみやすく、軽いので、初心者や小さい子どもにはおすすめです。

全革タイプは、耐久性が高く、見た目にも高級感があります。履けば履くほど足になじんでくることが特徴です。

前革タイプは、布タイプと全革タイプの良いところをミックスしたものです。耐久性が求められるつま先に革を採用しています。

サテンタイプは、主にステージで使用しますので、レッスンには不向きです。

ソール選び

バレエシューズの底は、フルソールタイプとスプリットソールの2種類があります。

初心者や、小さい子どもには、足全体で床を受け止めやすい、フルソールがおすすめです。経験を積んで来たら、スプリットソールに変更しても良いでしょう。

スプリットソールは、つま先とかかとが分かれていますので、つま先が伸ばしやすいというメリットがあります。

次からは、さっそくおすすめのバレエシューズを紹介していきます。

子ども用バレエシューズのおすすめ商品

イーバレリーナ フランス・サンシャ製 フルソールバレエシューズ

特徴
  • サイズは、15.5~24.5cmから選べる
  • サイズが合わない場合には、無料で交換をしてくれるので安心
  • 履いていることを忘れるくらい、快適な履き心地
  • 靴底がしっかりと付いている、フルソールタイプなので、初心者や、子どもにはおすすめ
  • 生地は布製のため、つま先立ちをしても、肌が痛む心配がない
  • つま先の生地は、薄すぎず、厚すぎない、ちょうど良い厚みで、レッスンしやすい
  • インソール(中敷き)はやわらかい綿素材のため、足に負担がかからない
  • 甲には、1本のゴムだけなので履きやすい
  • 自分の足に調節ができるゴム紐が付いている

世界中のダンサーから愛されている、フランスの有名メーカカー・サンシャ性のバレエシューズです。

人気メーカーなのに、お手頃な価格のため、とても人気があります。

イーバレリーナ 全革バレエシューズ

特徴
  • サイズは16.5~26.0cmまで対応しているので、足の大きな女の子でも安心
  • カラーは、ブラック・ベージュ・ピンクの3色展開
  • サイズが合わない場合には、無料で交換してくれる
  • 厳選された、やわらかくて丈夫な牛革を使用
  • 牛革の性質上、履けば履くほど自分の足になじんでくる
  • 指先が動かしやすいやわらかい生地を採用
  • 調整ヒモがついているので、自分の足に合わせやすい
  • 甲はストレートベルトなので履きやすい
  • 韓国でナンバーワンのバレエシューズメーカーの製品でありながら、低価格を実現
  • 初心者や、小さい子どもにおすすめの、フルソールを採用

先ほどのショップで販売している、全革タイプのバレエシューズです。リピート率が非常に高い商品です。

女の子のほとんどがバレエを習っているくらい、バレエが盛んな韓国。紹介するバレエシューズは、バレエ大国・韓国でもナンバーワンのバレエシューズメーカーの製品です。

バレエ専門店ミニヨン バレエシューズ総キャンパス

特徴
  • サイズは16.0~26.0cmまで対応していますので、大きな足の女の子でも安心
  • 累計30,000足以上を販売している大人気のバレエシューズ
  • 万が一サイズが合わない場合には、無料で交換してくれる
  • とにかくやわらかさにこだわっているので、履いたその瞬間から履き心地が良いと評判
  • つま先が伸ばしやすい素材
  • 甲部分はクロスベルトになっているため、デザイン性が高い
  • 厚手のキャンパス生地のため、耐久性がバツグン
  • 1,000円(税抜)で購入できるので、お財布にも優しい
  • バレエに慣れている子どもにおすすめの、スプリットソール採用
  • 底が前後に分かれているため、つま先が美しく伸ばせる
  • 引きヒモが付いているため、サイズ調整が可能

元バレエ団のスタッフが常勤しているため、実用性に富んだバレエ商品を取り扱っていると評判の、バレエ専門店ミニヨン。

実用性・機能性・デザイン性に富んでいながらも、お手軽な値段で販売していますので人気があります。

芦屋チャンティ 気遣いバレエシューズ

特徴
  • サイズは16~26cmまで対応しているので、足の大きな女の子でも大丈夫
  • 甲の部分はストレートバンドのため、履きやすい
  • 調節ヒモがないので、ヒモが飛び出て転んでしまうことを防ぐ
  • 履き口がゴムのため、足にしっかりフィットする
  • インナーはやわらかいコットンでできているため、気持ちよく履ける
  • 生地は、細かいキャンパス生地を採用しているので、やわらかく、丈夫
  • 裏地にはコットンを縫い付けてあるので、吸水性が高い
  • バレエの経験が長い子ども向けの、スプリットソールを採用
  • つま先がさらに伸ばしやすいので、さらなる美しさを表現することができる

バレエ用品を豊富に取り揃えており、低価格で販売しているため人気のあるショップです。

チャコット 布バレエシューズ

特徴
  • サイズは16.0~21.5cmまでの対応
  • カラーは、ホワイト・ブラック・ロイヤルピンク・ヨーロピアンピンクの4色展開
  • 甲は、ストレートベルトのため履きやすい
  • 素材は、カツラギを使用しているため、一般的な綿素材よりも耐久性に富んでいる
  • カツラギ素材のため、光沢があり、高級感を感じる
  • 履き口にフリルをあしらい、かわいらしさも演出
  • 初心者や小さい子ども向けのフルソールを採用している

バレエ用品と言ったらチャコットと言われるほど、人気のあるブランドです。

お値段は張りますが、品質・機能性・デザイン性は、他のブランドよりも抜きんでています。

まとめ

バレエシューズは、布製のものが最も選ばれています。

トゥーシューズともなると値段が上がりますが、布製のバレエシューズでしたら、1,000円代で購入することが可能です。

お子さまのスキルに合わせて、ソール部分を選んであげると良いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

8歳までに考える力を学ぶ

キッズアカデミーでは、脳が完成されていない8歳までの子供を対象に、いろいろなグッズを用いて視覚・触覚・想像力・発想力を養います。

実際に利用する教材を無料で体験することもできるので、まずは使って効果を実感して下さい!

バレエ
キッズならいごと