我が子にそろばんを習わせるメリットを考えてみた!

そろばん

そろばんこそが、学力を養う上で最も効果的な習い事といっても過言ではありません。

その昔から読み・書き・そろばんと言われるように、子供時代に身に着けたいものの1つに、「そろばん」が挙げられていました。

そろばん教室も人気の習い事として普及し昭和50年初頭をピークに迎えましたが、その後電卓やパソコンなど他のツールの普及が目覚しく、そろばんを習う子供の数も徐々に少なくなる傾向となっていきました。

しかし、昨今再びそろばんが見直されるようになり、そろばん教室への通う子供の数も増加傾向へ転じているとのこと。

その背景には、そろばん教室で習うことで数字に強くなっていくことは勿論ですが、その他にも多々メリットが挙がられていることがあると考えます。

数字に強くなることやその他、そろばんを習うことのメリットを順に見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

そろばんを習わせるメリット

計算力がアップする

人は頭の中で数字をイメージし計算する時には、一般的には左脳が使われているとのこと。

それに対し、そろばんは手指を使い珠を目で追うことで、右脳を刺激しつつ左脳も使われるので、脳の動きを活発にする所謂「脳トレ」として有効なものです。

ゲーム感覚で楽しみながら取り組むことが出来る「フラッシュ暗算」を取り入れる教室も多く、頭の中で瞬時に計算していく能力もアップしていきます。

ちなみに「フラッシュ暗算」とは、パソコンの画面などにフラッシュ式に次々と主題される数字の問題を「珠算式暗算」を使い頭の中で計算していくというもので、テレビなどのメディアでも紹介されることがあり、知っていらっしゃる方も少なくないかと思います。

集中力がアップする

学校の勉強もそうですが、何かを学ぶ・成果を得るということには「集中力」が必要です。

これはそろばんでも同じで、決められた時間内で、珠のはじき間違えを無くし、ただ1つの正解を得る為に集中して取り組むことが大切になります。そろばんを続けることは、集中力をアップさせることに繋がります。

集中力がないと、そろばんでの成果を得ることはできません。決められた時間内にただ1つの正解を出すために集中するので、無意識のうちに集中力がアップすることに繋がるのです。

そろばんを習うことで、勉強を含め他の様々なことに取り組む際の集中力をも高められるのです。

記憶力がアップする

そろばんは問題に記載される1桁1桁の数字を毎回見ながら珠をはじくのではなく、4桁・5桁場合によってはそれ以上の数字を瞬時に記憶し珠をはじいていくのことが求められることから、自然と記憶力画アップしていきます。

更に、そろばんを習っていく上で「」が上がっていくと暗算も取り入れてきますが、暗算はそろばん以上に記憶力アップに繋がっていきます。

想像力がアップする

計算が得意な方の中で、「頭にそろばんがある」と言う方がいます。

これは、頭の中にそろばんが置かれ珠をはじいて計算する想像力がついている証なのです。そろばんを習うことで、日頃からそろばんを扱う機会が増えることから徐々に頭の中にそろばんを想像出来るようになっていき、頭の中に置かれたそろばんの珠をはじいて計算することが出来るようになるのでしょう。

その他にもそろばんを習うことで、注意力・判断力、読み上げ算からは速聴力など様々な能力を高めることが出来るとされています。

始める時期は、右脳の動きが活発になる4~6歳頃がベストと言われていますが、小学校入学を機にというご家庭も多くいらっしゃるようです。算数で九九を学ぶ前から、そろばんを始めておくというのも良いかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

8歳までに考える力を学ぶ

キッズアカデミーでは、脳が完成されていない8歳までの子供を対象に、いろいろなグッズを用いて視覚・触覚・想像力・発想力を養います。

実際に利用する教材を無料で体験することもできるので、まずは使って効果を実感して下さい!

そろばん
キッズならいごと