子供ヨガを習わせる9つのメリット!デメリットもあるけど・・・

ヨガを習わせるメリットデメリット ヨガ

私が子供の頃は、子供の習い事というと、ピアノやエレクトーン、習字や水泳でしたが、最近では「ヨガ」を習わせるご家庭も多いそうです。

ヨガと言うと、モデルや芸能人がこぞって行い、一般の女性にも人気のある運動ですよね。

果たして、子供にヨガを習わせるのはどうなのでしょうか。

ここでは、メリットとデメリットを探ってみました。

スポンサーリンク

子供にヨガを習わせるメリット

ヨガを習わせるメリット

まずはメリットから探ってみました。

①身体に負担なく、運動機能が向上する

成長途中の子供には、無理な運動は禁物です。

子供の骨には、成長をするための伸びしろ部分として、成長軟骨と呼ばれる軟らかい骨がありあます。

無理な運動をすると、この成長軟骨に過剰な圧力がかかるため、骨の変形など、成長において弊害が起こる可能性が高いのです。

また、無理な運動によって、骨の周りの筋肉や神経はどんどん成長していきますが、骨がそれに追いつかない場合もあります。そうすると柔軟性が衰え、成長に弊害が起きてしまうのです。

その点、ヨガは無理な運動ではありませんので、成長期の子供にはうってつけの運動なのです。

②柔軟性が身に付く

ヨガでは、さまざまなポーズをとります。

身体が柔らかいほど、ポーズをとるのが簡単になります。

子供は大人と比べても身体が柔らかいので、ヨガポーズも簡単にとることができるかもしれません。身体の硬い子供でも、ヨガを行って行けば自然と柔軟性が身に付いてきます。

年を重ねると、身体の柔軟性は失われていきますが、ヨガを続けていれば柔軟性が劣ることはありません。

③太りにくい体質になる

身体が柔らかいと、血液の流れが良くなりますので、血行が促進され太りにくい体質になります。

特に女の子は、成虫とともに身体のラインや体重が気になるものです。

ヨガを続けていれば、そんな悩みもなくなるでしょう。

④肌荒れがなくなる

柔軟性のある身体になると、先ほども紹介した通り、血行が促進され、新陳代謝が活発になります。

新陳代謝が活発になると、身体の中に溜まった老廃物が効率的に排出されるようになります。そのことによって、肌の状態も良くなり、肌トラブルに悩むこともなくなります。

成長期の子供は、男女問わず肌状態が気になるものです。

ヨガを行い、新陳代謝を活発化させることで、そんな肌トラブルもなくなるはずです。

⑤ケガをしにくい身体になる

ヨガを行うことで、筋肉や腱、関節が柔らかくなりますので、身体を柔軟に動かすことができます。

これは、ケガを予防する効果となります。

子供は、大人と比べるとたくさんの運動を行いますので、ケガを予防できる身体になると安心ですよね。

⑥元気な身体になる

身体が柔らかくなるということは、筋肉も軟らかくなっている状態です。

筋肉がこわばってしまうと、身体はリラックスすることができません。

ヨガを行い、筋肉を柔らかくのばすことで、身体の緊張状態が開放され、元気な身体になります。

⑦肩こり、腰痛、冷えがなくなる

身体が柔らかくなりと、血液が身体の末端まで行きわたるようになります。

それによって、手足の末端の冷えがなくなり、肩こりや腰痛も感じない身体になります。

最近の子供は、ゲームやスマートフォン、パソコンなどを日常的に行うため、大人張りの肩こり、腰痛を持っている子供も多いそうです。

ヨガを行っていれば、このような症状に悩むことのなくなりますね。

⑧頭が良くなる

ヨガは、心を落ち着かせて、静かにポーズをとる運動です。これは、とても集中力がいります。

つまり、ヨガを行うことで、自然と集中力が身に付きます。

集中力のある子供は、スポーツにおいても、勉強においても秀でた能力を発揮します。

⑨精神的に安定する

ヨガの呼吸法は、人の心を安心させ、精神的に安定させる効果があります。

現代の子供は、勉強や友達関係、家族などに、多くのストレスを感じています。

ヨガを行うことで、これらのストレスから解放されるため、精神的に安定した子供に育つことが期待できます。

子供にヨガを習わせるデメリット

ヨガを習わせるデメリット

子供にヨガを習わせるメリットはたくさんありましたが、デメリットはあるのでしょうか。

①自己流は身体の負担にもなる

今や、ヨガは大ブームとなっていますので、ヨガのポーズに関する本や動画などが簡単に手に入ります。

自宅でも手軽に行える運動と言われていますが、やはり自己流のやり方はおすすめできません。

自分では合っていると思っていても、実際は違うこともありますので、ヨガスクールなどで専門のインストラクターに見てもらうのが安心です。

間違ったポーズを続けていると、身体に負担がかかって、悪影響を及ぼす可能性もあります。

特に、成長期の子供は、骨が柔らかいので、今後の成長に弊害が起こる可能性があります。

②ヨガの世界観が合わない場合もある

ヨガは、インドの思想が元になっているため、宇宙からのパワーをもらうとか、悟りを開く、といったスピリチュアルな面があります。

このような世界観があまり好きではない場合は、ヨガを続けることで逆にストレスを抱えてしまうかもしれません。

 

まとめ

子供ヨガを習わせるメリットやデメリットをまとめてきましたが、ヨガは子供にとってメリットになることが多いと言うことがわかりました。

成長著しい子供には、ヨガと言う運動はとてもおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

8歳までに考える力を学ぶ

キッズアカデミーでは、脳が完成されていない8歳までの子供を対象に、いろいろなグッズを用いて視覚・触覚・想像力・発想力を養います。

実際に利用する教材を無料で体験することもできるので、まずは使って効果を実感して下さい!

ヨガ
キッズならいごと