歌(Songs & Chants)で広がる幼児英語の世界

英会話

大好きなあの英語の歌の意味が知りたい、自分も歌いたい、そう思って辞書を片手に英語をがんばった大人もきっと多いはずです。

歌は、言葉やその国ならではの文化や表現を学んだり、発音を真似るためのよい教材となります。

子どもも歌や、リズムに合わせて体を動かすことが大好きです。

とくに乳幼児は英語の勉強といっても机に座ってテキストを読んだり文字を書いたりできるわけではありませんから、歌は英語を効果的に学ぶための重要なツールなのです。

英語の歌の魅力と幼児の学習にとってどんな効果があるか見てみましょう。

スポンサーリンク

Songs & Chantsの魅力とは?

幼児向けの英語教室や教材では、たくさんの歌やお遊戯、手遊びなどが活用されています。

「さあ、始まるよ」の歌、ごあいさつの歌、お天気の歌、お片づけの歌、順番を決めるときの歌…、古くからよく知られているものから、教室で先生が工夫して作ったものまでたくさんあります。

メロディーのある歌が一般的ですが、中には“チャンツ”と呼ばれるメロディーのないリズミカルな言葉遊びもたくさん活用されています。

日本語や他の国にもチャンツはたくさんあります。メロディーはないけれど、ノリがよくて、繰り返しても飽きません。

歌やチャンツで使われている言葉は書き言葉ではなく自然な話し言葉で、リズムやメロディーに乗って、ナチュラルなスピードで音をつかみ、口で真似たり、体でその歌やチャンツの意味を表現しながら身につけていきます。

小さいうちはまだ舌がうまく回らず、音について行くのが精一杯で、もやもやっとした発話になりがちですが、リズムに乗って繰り返すことで、しっかりと体に刻み込まれます。

体で覚えたことはなかなか忘れません。大人になっても日本の手遊び歌がふと口をついて出てくるように、幼児の時に歌った歌やチャンツはしっかりと残ります。

 Songs & Chantsでこんなことが学べる!

英語ならではの言葉のリズムや抑揚

日本語の話し方は単調ですが、英語はリズムや強弱が大切な言葉です。歌を通して話し言葉のリズムをつかみ、抑揚のある話し方が自然と身につき、表現力の幅が広がります。

いろんなテーマのSongs & Chantsがある

あいさつ、お天気、食べ物、動物、色、おしたく、数の数え方、曜日、スポーツなど、どんなテーマでも歌やチャンツに乗せて学べます。

チャンツの第一人者のCaroline Graham先生は、数々のジャズ・チャンツを生み出し、その楽しさと効果を広めています。

今では日本の子ども英語の先生たちも独自の歌やチャンツを工夫しています。

「きらきら星」や「ロンドンブリッジ」など誰もが知っている単純なメロディーからは、いろんなテーマの英語の歌が生み出されています。

英語ならではの言い回しや表現が多用されている

動物の鳴き声や物音など、Songs & Chantsは英語独特の表現を学ぶのにうってつけの教材です。

朝起きてから寝るまで、あらゆる生活の場面を歌で

歯磨き、洗顔、おしたく、お洗濯、おかたづけ、お風呂等々、ついつい「~しなさい!」とついついお叱りモードになりそうな生活習慣も、英語のSongs & Chantsを使ってノリノリでこなし、英語表現も身につけましょう。

歌で身につく自然な発音

先生の口の形や、CDやDVDから聞こえてくる音をそのまま真似することで、自然な英語の発音が身につきます。

単に単語や文章をリピートするよりも、楽しく、自然に身につけられます。アルファベットの音と文字の関係を学ぶフォニックスの歌やチャンツもあります。

アレンジ自在!

単純なメロディーやリズムは、いろいろアレンジがききます。例えば“Are you sleeping”という有名な曲の原曲はフランス語の歌ですが、日本語では「グーチョキパーでなにつくろ」のメロディーとしても知られています。

また、幼児英語では子どもたちが大好きな“Walking Walking”という歌にもアレンジされています。「グーチョキパー…」のメロディーで歌ってみましょう。

“Are you sleeping”

♫Are you sleeping? Are you sleeping?
Brother John.  Brother John.
Morning bells are ringing.  Morning bells are ringing.
Ding, dong, ding.  Ding, dong, ding.

 

“Walking Walking”

♫ Walking walking. Walking walking.

Hop hop hop. Hop hop hop.

Running running running. Running running running.

Now let’s stop. Now let’s stop.

また、何度も歌って慣れてきたら、アルファベットの歌や数え歌の“Seven steps”を反対から歌ってみると以外と難しいものです。

いろんなアレンジで、飽きてきた子どもたちのチャレンジ精神に火を付けることもできます。

まとめ

歌やチャンツで英語を学ぶと、音、文字、言葉の持つ意味とイメージ、口や体の動かし方など、いろんなものを統合させながら学ぶことができます。

こうして体感覚で統合的に学んだものは、大人になってふとメロディーを聴いただけでも歌が口をついて出てきたり、体が動き出したりするものです。

年齢を問わず有効な方法ですが、体を動かすのが大好きで、理屈は通用しない乳幼児期の英語学習には必須の方法でしょう。

英語が苦手なママやパパでも、短い歌ならがんばって子どもと一緒に歌えますし、大人の発音練習にも英語のリズム習得にも効果があります。

たくさんのDVDやCDブックが出ていますので、ぜひ書店や通販サイトでもチェックしてみてください。

Songs & Chantsの本を探す

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

8歳までに考える力を学ぶ

キッズアカデミーでは、脳が完成されていない8歳までの子供を対象に、いろいろなグッズを用いて視覚・触覚・想像力・発想力を養います。

実際に利用する教材を無料で体験することもできるので、まずは使って効果を実感して下さい!

英会話
キッズならいごと