子どもと一緒に楽しく学べる!幼児英語でお勧めの定番絵本やDVD

英会話

手軽に子どもと英語を始めたいけれど何から始めていいのかわからない、Amazon等ではお勧め本やDVDが紹介されているけれど、たくさんありすぎてどれを選んでいいかわからない。

そんな方にはまず定番のもの、応用しやすいものから試していくことをお勧めします。定番にはやっぱり理由があります。

CDやDVDがついているものは英語の発音に自信がないお母さんにとっても安心ですし、最近ではYouTubeなどで定番絵本の読み聞かせ動画、歌やチャンツの振り付けなども紹介されているので活用しやすいです。

スポンサーリンク

英語で子育ての強い味方、Maisyシリーズ

お風呂、お片付け、お買い物、おやすみ…、毎日の生活習慣を身につけている最中の小さなお子さんにぴったりです。

「~しなさい!」と叱る前に、メイジーちゃんの力を借りて、「〇〇ちゃんは歯磨きは済んだかな?」、「トイレに行ったかな?」といっしょに確認しましょう。

仕掛けが楽しいSpotシリーズ

こちらの犬のSpotのシリーズも、乳幼児の読み聞かせにぴったりです。仕掛け絵本になっているので、お子さんといっしょにめくりながら楽しめます。

練習すればママといっしょに掛け合いも夢じゃない?Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?



Eric Carlの絵と色はもちろん、チャンツのようにテンポよく英語のリズムを楽しめる一冊です。

最初は読み聞かせで、慣れてきたら出てくる動物の色と名前の部分を、もっと慣れたら“I see a ~(色+動物), looking at me.”の部分を子どもに担当してもらいましょう!

同じく、Eric CarlのFrom Head to Toeも、同じように子どもとママの掛け合いに発展可能です。

もっと慣れたら、ちょっと難しいけれどPolar Bear, Polar Bear, What Do You Hear?などもチャレンジして、日本語とは異なる英語の世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。

定番の歌はママやお友だちといっしょに楽しめます!スーパー シンプル ソングス DVD 1~3

歌やチャンツは、幼児の英語学習の強い味方です。このDVDには英語教室でもよく使われている定番曲がたくさん集められています。

DVDなら音だけではなく、視覚的なイメージやダンスも合わせて楽しめます。歌やチャンツは子どもにとってはもちろん、子育てママにとってもナチュラルなスピードで、ナチュラルな英語のリズムや話し言葉を身につけるためのかっこうの教材です。

チャンツのリズムで、身の周りの英語をたくさん身につけよう!

チャンツとは、メロディーのない歌のことを指します。リズムに乗せてあいさつ、お天気、曜日や月、英語ならではの言い回しなどが自然と身につきます。

こちらの定番曲になれたら、アルファベットチャンツ、フォニックスチャンツ、クイズでチャンツなどにもチャレンジしてみましょう。

MPI Best Selection Songs and Chants

言葉遊びが楽しい!Dr.SeussのCDブック


こちらも欧米で広く愛されているDr.Seussのシリーズです。同じ音で終わる単語で韻を踏むライミング、単語の始まりの音がそろっているアリタレーションなど、いろんなパターンの言葉遊びが楽しめます。

ちょっとナンセンスな感じの絵や登場人物のしつこい感じがかえって子どもに大ウケで(個人の好みにもよります)、楽しく「また出てきた~」と笑いながら英語のリズムを学べます。

おもしろかったら、YouTubeで紹介されている動画をチェックして、他のブックも試してみましょう。

乳幼児の読み聞かせにも、小学生の多読・多聴にも使いたい絵本



乳幼児の時にはママのお膝の上で読み聞かせ、大きくなったらリーディングやリスニングにも使える、シンプルで、かつストーリー展開が楽しめる絵本です。

「大きなかぶ」と「ジンジャーブレッドマン」は内容は違うけれど、ストーリーの展開が似ていますね。そして、やっぱり欠かせないのは「はらぺこあおむし」でしょうか。

子どもの成長とともにいろんな使い方を楽しんでみましょう。

番外編:ママのための英語で子育て表現集


子どもの褒め方、朝起きてから寝るまでの生活習慣に関わるキーワードや声かけなど、英語で子育てをがんばるママのための本です。

定番の「ヘンリーおじさん」に加え、評価の高い日本の先輩ママの「井原さん」を選んでみました。「なるほど!」、「こんな時はこんな言葉を使うのか」と思わず感心してしまうような表現がたくさんで、とても勉強になります。

ぜひ英語で子育ての実践に取り入れましょう。全てを一度にやろうとせず、できることから始め、少しずつ表現を増やしていきましょう。

まとめ

いかがでしたか。すでに知っているものもたくさんあったかもしれませんね。

ここでは買ってもすぐ読まなくなるようなものではなく、子どものツボを押えた定番で、一度買えば繰り返し使え、教室の先生やママの工夫次第ではいろんな活用の仕方が考えられるものを紹介しました。

きっと、長くお子さんとママの成長を見守ってくれることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

8歳までに考える力を学ぶ

キッズアカデミーでは、脳が完成されていない8歳までの子供を対象に、いろいろなグッズを用いて視覚・触覚・想像力・発想力を養います。

実際に利用する教材を無料で体験することもできるので、まずは使って効果を実感して下さい!

英会話
キッズならいごと