ピアノ教室で月謝以外にかかる費用!譜面代や発表会の費用など

ピアノ

今も昔も女の子の人気の習い事といえばピアノですよね。

いざピアノ教室に通わせるにあたって気になることと言ったらやはり費用のことだと思います。

大手の教室にしても、個人の先生に直接習いに行くにしても、月謝以外にもかかる費用というのはあります。地域や先生によって差はありますが、大体これぐらい見ておいたら大丈夫~という目安を説明していきますのでぜひ参考にして見てください。

月謝に関しては「ピアノ教室の月謝の相場・平均はいくら?100人に聞いた!」を参考にして下さい。

スポンサーリンク

ピアノを習わせるにあたり、月謝以外にかかる費用とは?

楽譜、教材など

まずは楽譜、教材などは、月謝とは別になっている場合です。

教室によって差はあるかもしれませんが、教材費はその都度支払うという場合ですね。

個人差があるのでどれぐらいで新しい楽譜へ進むかはわかりませんが、最初の頃は薄い楽譜で値段は1,000円ぐらいです。

また、五線譜ノートなどは準備しておいてくださいねと言われることがあるかと思いますが、それは200円前後で楽器屋さんなどの楽譜コーナーに置いてありますのでそこまでの負担にはならないと思います。

発表会に出る費用、衣装、交通費、先生へのお礼

ピアノを習わせていて一番気になる出費といえば発表会ではないでしょうか。ご自身もピアノを習ったことが無ければどれぐらいの出費になるのか想像つかないですよね。

これは会場や規模によって違いがあるのですが、小さな会場でこじんまりとする場合と、カルチャーセンター主催の大きな会場で合同で大きな会場でという場合では参加費も変わってきます。

先生が個人的に開催した発表会の時は4,000円ぐらい、カルチャーセンターが主催の場合は6,000円・・・など差はあります。

衣装はドレスを着せる親御さんがほとんどでしたが、あえてラフなファッションでカジュアルな感じを演出される親御さんもいました。

男の子で学ラン姿というのも見たことがありますが、それはなかなか素敵でした。この場合は衣装代はかかりませんし、正装ともいえますし賢いな~!と思いました。

交通費は自宅から会場まで遠い場合は仕方ありません、それなりに出費は覚悟です。

また先生へのお礼は大体菓子折りだったり、ちょっとしたプレゼント、お花だったり用意される方が多かったです。

先生方が主催するイベントなどに行く場合のチケット代など

レッスンとは別に、先生が個人的にコンサートなどを開かれる場合があります。クリスマスコンサートとかそういったものです。

これも強制参加ではありませんが、楽しい内容のものですからお子さんは行きたいと言うことが多いかもしれません。

チケット代、交通費、ちょっとした手土産・・・などで5,000円~1万円ほどでしょうか。

そういうことには一切参加しないという場合は0円ですが、ピアノ教室でも横のつながりが大事になってくるので余程の事情が無い限り出来るだけ参加した方がいいです。

先生へ個人的なお歳暮などする場合

最後に先生へ個人的なお歳暮などする場合ですね。

個人宅へレッスンに行く場合などはやはり気になるところだと思います。

一方、大手の教室、カルチャーセンターの場合ですと、そういうしがらみは少ないと思います。している人がどれぐらいかは実際は見ていないのでわかりませんが、見たことはありませんでしたね。

先生の方からちょっとしたプレゼントなどを生徒に配るタイプの場合ですと、やはりちょっとしたものをこちらもお返しするというのがバランスがいいのではないかと思います。

以上が月謝以外にかかる出費の内容でした。

先生や教室の違い、地域などで大きく変わってくる部分ではありますが参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

8歳までに考える力を学ぶ

キッズアカデミーでは、脳が完成されていない8歳までの子供を対象に、いろいろなグッズを用いて視覚・触覚・想像力・発想力を養います。

実際に利用する教材を無料で体験することもできるので、まずは使って効果を実感して下さい!

ピアノ
キッズならいごと