子供と一緒にできる習い事

習い事全般

子どもが小さいうちは、いつも一緒。

家に閉じこもってもストレスがたまるし、公園に行ってもベンチに座って子どもの姿を眺めているだけではつまりませんよね。

子どもが小さいうちは、自分一人で息抜きに外出することもままならないし…。

そんな、ちょっとストレスを感じているあなたに、子どもと一緒にできる習い事をおすすめします。

子どもと一緒に、ストレス発散ができ、子どもの成長にも大いに役立つので、一石二鳥ですよ。

今回、運動系と勉強系の習い事を紹介しますね。

スポンサーリンク

子供と一緒にできる習い事!

リトミック

リトミックは、音楽教育の一つです。

楽器を弾いたり、楽譜を勉強するわけではなく、体を使って音楽を楽しく学ぶ教育です。

例えば、音楽に合わせて手遊びをしたり、音楽に合わせて自由にダンスをしたり、缶やビンなど、身近にあるもので音を出したりと、とても自由な学習なのです。

まずは、リトミックを習うことで、得られる効果について紹介しますね。

豊かな表現力が身に付く

音楽に合わせて、自分の思う通りに体を動かすという行為は、自分の気持ちや考えを表現するということです。

続けることで、周りに自分の思いを伝える能力が自然と身に付きますよ。

また、音楽を聴くことは、いやしの効果がありますよね。

子どもの優しい心を育みますよ。そして、自律神経を優しく成長させることができます。

思いやりや協調性が身に付く

親や友達、その親と共にレッスンを受けることで、自分以外の人と共に楽しむ喜びや、ぶつからないように気を付けるなど、他人を思いやる心や協調性が身に付きます。

リズム感が身に付く

音楽に合わせて体を動かす行為は、リズム感を養うことができます。このリズム感は、運動を行う上でとても重要な役割を果たします。

小さい頃にリズム感を身に付ければ、今後のスポーツにも必ず役立つはずですよ。

集中力が身に付く

リトミックは、音楽を聞き、それに合わせて瞬時に表現します。ですから、音楽を集中して聞く必要がありますよね。

リトミックは自由な表現なので、小さな子供でも、楽しみながら集中力を身に付けることができます。

この集中力は、今後の勉強やスポーツにも大変役立ちます。小さいうちから、楽しみながら集中力をつけておくと、後々役立ちますよ。

親のメリット

子どもが小さいうちは、子どもを置いてテニスやスイミング、スポーツジムやマラソンなどのスポーツを行うことは、なかなか難しいですよね。

子どもと一緒にリトミックに通えば、親も一緒に体を自由に動かせますので、ストレス解消に役立ちますよ。

そして、親が楽しく体を動かしていると、子どもはうれしいものです。親が楽しそうにしていれば、子どもはもっとリトミックが好きになるはずですよ。

リトミックは、比較的恥じらいを感じない、小さいうちに始めるのがおすすめです。人の目を気にしない時期でなら、自分の思うように表現をすることができるからです。

リトミックによって、得られる効果は、成長とともに、必ず役に立つはずですよ。

プログラミング

続いて、勉強系の習い事の紹介です。

2020年、小学校でのプログラミング教育が必修となります。

そのため、今後、プログラミング教室に通う子どもは急増するでしょうね。そして、親子で通うことのできる教室もたくさんありますよ。

ここでは、プログラミング教室に通うことによって得られる効果について紹介します。

物事を論理的に考えられる

プログラミングとは、コンピューターに指示を出すことです。この指示は、順序立てて、間違いなく出す必要があります。

人間ではあいまいな表現でも、何を言わんとしているかをくみ取ってくれますが、コンピューターはそうはいきませんよね。間違いがあれば、即エラーになってしまいます。

コンピューターを正しく動かすために、論理的な思考がフル回転します。論理的な思考が身に付けば、順序立てて話すスキルが自然と身に付きます。

解決策を立てられる

考えたプログラミングでも、少しでも間違いがあればエラーとなったり、自分が思っていた動きとは違う動きをしてしまうことがあります。

そうなったとき、どこを直したらよいのか、どうしたら上手くいくか、など、解決策を考えますよね。

何度も解決策を練り直し、チャレンジすることで、物事を解決するスキルや、忍耐力などを身に付けることができます。

また、問題解決は、物事の一面だけではなく、さまざまな角度から物事を捉える必要がありますよね。こうした、柔軟性も同時に身に付けることができますよ。

この能力は、友だち同士のトラブルでも、活かすことができますよね。

パソコンと慣れ親しめる

現在、買いものや旅行、振り込みや各種申込など、全てがスマートフォンで行うことができますよね。

そのせいで、今の新入社員はパソコン操作になれていないそうです。スマートフォンは、指一本で入力が行えますので、特にキーボード操作が苦手なようですよ。

しかしながら、仕事をするうえでパソコンは必須ですし、今後も必要なものですよね。

プログラミング教室はパソコンを用いて行いますので、子どものころからパソコンに慣れ親しむことができ、後々役に立ちますよ。

親と通うメリット

仕事でプログラミングをしている方以外は、プログラミングは敷居の高い学習ですよね。

子どもと一緒に通うのは、プログラミングを一から学ぶチャンスです。

子どもでもわかるように順序だてて教えてもらえますので、プログラミングを行ったことのない親でも、簡単に学習できるはずですよ。

プログラミングを学ぶことによって、日常生活でも大いに役立ちます。例えば、午前中までに済ます家事についてでしたら、まずは全体的な流れを考えます。

そして、自分が行わなければならない作業を、どう進めていけばよいか、など、効率的な考えを身に付けることができますよ。

親子で、協力してプログラミングをしても良し、ライバルとして高め合う関係でも良し。きっと会話がもっとふえるでしょうね。

まとめ

子どもと一緒に通える習い事について2つ紹介しました。

どちらも、子どもの将来に絶対に役立つスキルが身に付きますし、親も子どもと楽しむことができますよ。

子どものためにも、自分のためにもなる習い事ですので、おすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

8歳までに考える力を学ぶ

キッズアカデミーでは、脳が完成されていない8歳までの子供を対象に、いろいろなグッズを用いて視覚・触覚・想像力・発想力を養います。

実際に利用する教材を無料で体験することもできるので、まずは使って効果を実感して下さい!

習い事全般
キッズならいごと