子供の習い事でママ友との付き合い方

習い事全般

子供の習い事と言うと子供の問題だと捉えがちですが、ママ同士の関係が子供の友達付き合いにも影響を与えます。

なので派閥に属して子供の付き合いの幅を狭める様な真似は、出来るだけ避けるべきです。更にママ友同士のトラブルを避けるには、他のママとの距離感を適度に保つ事が重要だったりします。

そのためには全員のママにきちんと挨拶しつつ、プライベートな会話をして変に相手を詮索する様な真似は避ける事が大事です。

スポンサーリンク

ママ同士の関係に注意すべき理由

幼い内から子供には習い事をさせたい、と望む親は少なくありません。ですが習い事を始めるとなると、我が子がきちんと溶け込めるかどうかがまずは気になる所です。

もっともある程度大きくなったら自分で通う事が出来ますが、幼い内は親が送り迎えをする事になります。そうなると必然的には、他の子のママと顔を合わせる事になるので注意が必要です。

習い事の送り迎え等で定期的に顔を合わせる様になると、軽く挨拶をする程度では済まなくなります。しかも幼い子が水泳等の習い事をする際には、親子で参加して行う事も珍しくないです。

なので子供同士だけでなく、ママ友との付き合いが必要になるケースが多いので覚悟する必要があります。子供同士だけで付き合えば良いと最初から割切っていると、気付いたら孤立してしまうケースも少なくないです。

しかも親である自分だけでなく、子供まで通い難い空気が生じてしまう事もあるのでママ友との付き合いを疎かにするのは避けた方が無難だったりします。というのもママ友との関係というのは、最初にこじれてしまうと後で修復するのが困難になるケースが多いです。

なので子供がきちんと習い事を続けられる環境を得るためにも、最初からママ友としての交流を避けるというのは止めておいた方が無難だと言えます。

ママ友と付き合う際に必要な心構え

テレビやインターネットを見ると、ママ友に関するトラブルを多く見掛ける事が可能です。

特に女性はそろぞれグループを作って群れるケースが多いので、子供が習い事を始めた先でも幾つかの派閥が存在している事も珍しくありません。

しかも派閥同士でいがみ合っているケースが多くあり、その結果ママ友同士のトラブルの原因となったりするので厄介です。もっともそんな厄介なママ友同士の派閥ですが、出来れば何処にも属さずに適度な距離を保ちながら付き合う事が望ましかったりします。

というのも子供同士であってもやはり合う合わないが存在しており、子供達の間でも仲の良い子とそうでない子に分かれるものです。ですがそういった中、母親が派閥に属してしまい、子供が違う派閥の子と仲良くする様になると気まずい立場になる事も珍しくありません。

それ所か子供の交友関係にも影響を及ぼしてしまうので、特定のママ友の派閥に属するのは避けるべきです。確かに派閥に入ると、話し相手も確保し易くなるので子供の送り迎えも楽しくなります。

ですがあくまでも習い事をするのは子供なので、子供が続け難くなる様な環境に陥るのは出来るだけ避ける様にする事が大事です。だからこそママ友とは幾分距離を置いて、広く浅く付き合う事をおすすめします。

ママ友と付き合うための具体的な距離感とは

子供が習い事をしていると、通っている教室以外の場所でも集まる機会が生じる事が珍しくないです。その際には必ず、全てのママに連絡をして参加出来るかどうかを訊ねる必要があります。

仕事等が忙しくて参加出来ないと分かっているママにも、一応は連絡して意思確認を行う事が大事です。というのも参加出来ないにしても、連絡も無しに勝手に不参加にされてしまうと不快に思われる可能性が高まります。

そういった意思疎通のズレから気まずくなるだけでなく、ママ友トラブルに発展するケースは少なくないので気を遣ったつもりでも勝手に不参加だと決め付けるのは避けるべきです。

きちんと連絡して、本人に確認する必要があります。ママ友同士の付き合いで疎かにしてはいけないのが、挨拶です。仮に愛想がなく感じが悪いママがいて、挨拶しても返事が返って来ない場合でも顔を合わせたら挨拶する様に心掛けます。

そうして全員のママに分け隔てなく、挨拶する事が大事です。挨拶するママとしないママとに分けてしまうと、派閥化を助長してしまいます。なのできちんと全員に挨拶する事が、大事です。しかもそうする事で子供のお手本となり、きちんとみんなに挨拶する習慣付けの切っ掛けにする事も出来ます。

挨拶の大事さを教える意味でも、しっかりと行うべきです。次にママ友と上手に付き合うための距離感ですが、プライベートを詮索しない事が重要だったりします。ついうっかりプライベートに関する質問をしてしまうと、詮索好きとみなされて警戒され関係がぎくしゃくするケースが珍しくないです。

ママ友との会話は出来るだけ子供の習い事に関する会話に限定して、当たり障りのない話題を選ぶ事をおすすめします。この様に付かず離れずの距離感を保つ事が、おすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

8歳までに考える力を学ぶ

キッズアカデミーでは、脳が完成されていない8歳までの子供を対象に、いろいろなグッズを用いて視覚・触覚・想像力・発想力を養います。

実際に利用する教材を無料で体験することもできるので、まずは使って効果を実感して下さい!

習い事全般
キッズならいごと